50代の基礎化粧品とは~美肌Keep方の徹底ガイド~

基礎化粧品

コンシーラー選びのコツ

美容

コンシーラーを利用すれば、多くの方が悩みをしているシミは隠せます。しかし、コンシーラーの種類によって使用感やカバー力が異なるため、シミの大きさや濃さ、位置などにマッチしたものを選ばなければいけません。自身の肌と相性の良い商品を利用することで、シミ隠しを徹底出来ます。

スティックタプのコンシーラーは硬く、直接肌への塗布が可能となっています。比較的に丈夫なためお顔全体に使用出来るでしょう。おでこや頬骨の上あたりに最適です。油分が多いクリームタイプはパフや指先に取って使用します。ピンポイントでシミ隠しを行なえる優れものです。油分が多い分密着度が高いでしょう。チップタイプと筆タイプの使用感や柔らかいです。チップタイプはスポンジのような材質で出来ており、ブラシタイプはブラシの部分にコンシーラーが付いています。両方とも目元や口元など、顔の中でも最も動くパーツに使用した方が良いです。

リキッドやクリームファンデーションを使用する方は、その後にコンシーラーを塗り、パウダーファンデーションの方はファンデーションのあとにコンシーラーを塗ります。順番を守らなければシミ隠しを上手くすることが出来ません。ファンデーションもカバー力があるタイプが効果的です。ダブルのパワーで大きくて濃いシミもカバー出来ます。コンシーラーはシミ隠しだけでなく、くまやそばかすを隠すアイテムとしても利用可能です。使い方次第で顔の印象が大きく変わるでしょう。